1. HOME
  2. MAGAZINE
  3. 周南で見つけたカフェのようなラーメン屋さん/「鶏そばカヲル」(周南市)

周南で見つけたカフェのようなラーメン屋さん/「鶏そばカヲル」(周南市)

山口県周南市・栄町にカフェのような雰囲気で女性にも大人気のラーメン屋さんがあると聞いて、行ってまいりました!「鶏そばカヲル」へ!

食べるだけで女子力UP!?周南で見つけた「トマトラーメン」

「メモやま!」ラーメン担当のむつみんです!
女心と秋の空…人肌恋しい季節がやってきました!
女子に人気の「トマトラーメン」を食べて、女心をつかむ秘訣を学びたいと思います!

むつみん、いざ出陣!

白いレンガに濃紺の暖簾が映えるカフェのようなラーメン屋さん

白いレンガに濃紺の暖簾が映える店内

場所は徳山商工会議所近く、老舗喫茶店だった店舗をリノベーションしたお店は、「カフェのような雰囲気で女性客でも入りやすいように」と、白を基調とした清潔感のある空間に。だからといってオシャレ過ぎない、温かみのあるラーメン屋さんです♪

トマトの酸味×スープのコク×とろけるチーズのバランスが絶妙「トマトラーメン」

トマトラーメン(750円)

食べるだけで女子力が上がる!?と噂のリコピンたっぷり「トマトラーメン」はラーメン好きの男性はもちろん、女性やお子様にも大人気!
深紅に輝くスープはイタリア産のトマトを使用しており、トマトの酸味とスープのコク、トロリとろけるチーズが絶妙なバランスを生み出します!
麺を食べ終えたスープに、焦がしチーズがトッピングされた「チーズごはん」を入れれば、リゾットに♪
トマトラーメンで心配なのが、汁跳ねによるシミ。紙エプロンも用意しているそうなので、思いっきりすすりたい方はお願いしましょう!この辺の気配りが、大事ですよね!

黄金色に透き通る清湯スープが物語る店主のこだわり

鶏そば・塩(700円)

「鶏そば」と聞くと白湯スープのイメージしがちですが、「カヲル」こだわりは「清湯(チンタン)スープ」にあり!
黄金色に透き通る「清湯スープ」は、山口県の銘柄鶏「長州どり」と「高森ハーブ鶏」を使用しており、さっぱりとした味わいの中に鶏の旨味が凝縮されており心と体に染み入ります。
地元の製麺所特注の中太ストレート麺は、もちもちとした食感でスープとの相性も抜群!
麺をすするたびに香る清湯スープも病みつきに!

黄金色に透き通る「清湯スープ」が食欲をそそります!

懐かしさを感じながらも上品な味わいの「鶏そば・しょうゆ」

鶏そば・しょうゆ(全部乗せ)950円

「鶏そば・しょうゆ」は、周南市の老舗「福原醤油」と「吉田屋醤油(アサヒワシ醤油)」をブレンドしており、醤油ラーメンの懐かしさを感じさせながらも上品な味わい。

鶏の唐揚げ(※写真はランチセットのものです)

サイドメニューは、ニンニク・生姜・香味野菜のたれに半日漬けてサクッと揚げた「鶏の唐揚げ(3個)」(300円)や、「チャーシューご飯」(200円)、「おつまみチャーシュー」(400円)、「おつまみメンマ」(300円)など。ドリンクはビールやジュースのほか、地元周南の酒蔵の日本酒「中島屋」「原田」「毛利」(以上600円)などの銘柄を用意しています。

東京の有名店で修業を積み、台湾出店をへて、地元にUターン

店主の井本崇士さん

もともとはアパレルメーカーに勤務していた店主の井本さん。東京のラーメン店で修業を積み、友人らと台湾でラーメン店を出店。20年間、周南を離れていたが、「地元でも何か貢献できれば」と結婚を機に奥様と共に周南に戻り同店をオープンさせた。店名の「カヲル」は奥様の名前から名付けたそう!

ごちそうさまでした!

男性はもちろん、女性にも人気の「鶏そばカヲル」。
女心をつかむの秘訣は「奥様への愛」でしょうか!
そんなわけで♪
むつみん花嫁募集中~!ご応募お待ちしております!

取材メモ / 男性はもちろん、女性にも人気の「鶏そばカヲル」。女心をつかむの秘訣は「奥様への愛」でしょうか!
そんなわけで♪むつみん花嫁募集中~!ご応募お待ちしております!

LINEで送る

 店舗名 鶏そば カヲル
 住所 山口県周南市栄町2-10
 電話 0834-34-0393
 営業時間 11:30~14:30/17:00~21:00
 定休日 日曜日、祝日
 HP https://torisobakaworu.amebaownd.com

関連記事